便利グッズ

ドット入り罫線ノートは書きやすいのか?

更新日:

文房具屋さんにふらふらと立ち寄ると、ドット入り罫線ノートというものがあり、ついつい一目ぼれして買ってしまいました。

コクヨさんのドット入り理系線のノートを購入したのですが、使用してみての感想を記入していきたいと思います。

ドット入り罫線ノートとは?

ドット入り罫線ノートとは、名前の通りですが、ドットの入った大学ノートといった感じです。

通常の大学ノートであれば罫線のみですが、罫線と罫線の間に細かいドットが入っている形です。

 

どのような用途が?

では、どのような用途があるのでしょうか?

主にグラフや図形を書くときに便利なようです。

小さいドットが入っているため、1つ1つが目印となって、グラフや図形を書きやすいようになっております。

実際に記載してあるところを見ても、ドットが目印となって書きやすそうですよね!

 

実際に使ってみた。

残念ながら、字が下手すぎて、自主規制で使用しているところの写真を掲載することは出来ません。

実際使ってみると、確かに図形が書きやすいです。

大学ノートですと、表やグラフ、図形を書くときにどうしても斜めになったりすることがありますが、こちらはまっすぐひくことができます。

使用して気付いたのですが、表も書きやすいので文系科目で使用される時にもいいかもしれません。

後から見直すと、汚い字の私ですら、整理されているような気がします。

感想(まとめ)

ドット入り罫線ノートの評価

星4つです!とても気に入りましたが、デメリットがないわけではありません。以下にメリットとデメリットを記載しておきます。

メリット

  • 表やグラフ、図形は本当に書きやすい。
  • 後から見直した際に整理されているように見え、見やすい。
  • 一文字一文字の大きさが揃えやすい。

デメリット

  • 他のノートに比べると高い。
  • どうしても、図形等でドットの位置を合わせたくなるので時間がかかる。
    (通常であれば、ある程度まっすぐひければいいや!と線をひいていきますが、こちらのノートですと、やっぱりぴったり合わせたくなり、通常よりどうしても図形を書いたりするのが時間がかかってしまいます。)

 

-便利グッズ

Copyright© 暇人経営者の1日 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.