日々の出来事

油性ペンのシミは除光液で落とせるのか?

更新日:

ボールペンと洋服を一緒に洗濯してしまったことがありますか?

私は何回かあるのですが、今まで特段問題がなかったのです。

・・・しかし!今回は違いました。4色ボールペンをポケットに突っこんだまま洗濯機に入れてしまったのですが、なんと!液漏れ液漏れ液漏れ!!

やばいくらい作業服が汚れてしまいました。

どうやって落とせばいいのか・・・。除光液で落ちるとの情報が書いてあったため、試した結果を記入したいと思います。

油性インクの汚れは落ちない!

今回付いたシミの一部がこちらです。

赤と黒、青、緑のうちいくつかの色が付いてしまっています。

これがまた落ちない!石鹸で落とそうがもう1回選択しようがびくともしません。

これはいけないと検索して除光液の落とし方を見つけたので試した次第です。

準備するもの

私が今回のシミ落としで準備したものです。

・除光液

どこにでも(100均にも)売っている普通の除光液です。

・タオル:シミを移すのに使うので、ダメになっても大丈夫なタオルを用意しましょう。

・木槌

シミを抜く時に叩くようで使います。

やり方

シミが出来た部分の下にタオルを敷きます。

そして、シミの部分に除光液をかけます。

そして、シミの上にタオル敷きます。

言わば、シミの部分をタオルでサンドウィッチするのです。

そして、木槌でゆっくり叩く。シミ部分を押すような感じですね!

すると!タオルにインクが移っていきます!すごいです。

その証拠がこちら

こういう柄のタオルじゃありません。

白いタオルにインクの色が移っているところです。最初は本当に真っ白なタオルでした。

上下のタオルがこのような状態になります!すごいですよね!

結果

さて、お楽しみの試してみた結果です!

はい!薄くなっただけです・・・。いや!それどころか、広がってしまいました。

いやあ。無理ですね!挙句の果てに下に敷いていたタオルを通り越して下の生地に移ってしまいました・・・。

結論:油性インクで汚れたら、クリーニングにすぐに出すか、買い直しましょう!

そして何より、ボールペンと一緒に洗濯しないように気を付けましょう!

後日クリーニングに出したら、クリーニング代金は約1,000円でした・・・。※平成30年9月20日追記

-日々の出来事

Copyright© 暇人経営者の1日 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.