便利グッズ

kindle paperwhite レビュー

更新日:

以前手にしたことのあるkindleですが、当時は興味がなく検証することもなく友人にあげてしまいました・・・。

数年経過した現在、興味が出てきたのでもったいないですがkindleを再度購入致しましたのでレビューしていきたいと思います。

kindleとは?

kindleとは、Amazonが販売している電子書籍端末です。

 

特徴としては、ほぼ読書専用端末だということです。

kindleの種類

kindleの種類はいくつかあるのですが、H30年11月にkindle paperwhiteのニューモデルが発売されたことで特色がなくなった機種もありますので、現在(H30.12.12現在)出ている中で主力の3製品を紹介したいと思います。

kindle
・価格
4GB(広告つき):7,980円
4GB(広告なし):9,980円
・特徴
解析度:167ppi
内部ストレージ:4GB
バックライトなし(暗いところで読めない)
防水機能がない

 

 

 

・感想
使用したことがないので、あまり詳しくは記入できませんが、解析度や内部ストレージが低いことから漫画向きではなさそうです。バックライトっ機能も付いていないので、明るいところでしか読まない人向けです(余談ですが、本を暗いところで読むと目が悪くなるというのは科学的根拠はないみたいです)。防水機能はついていないので、主に室内で使用される方向けのモデルといえそうです。

 

kindle paperwhite

・価格
8GB(広告つき):13,980円
8GB(広告なし):15,980円
32GB(広告つき):15,980円
32GB(広告なし):17,980円
32GB(広告なし・無料4G通信付き):22,980円
※無料4G通信付きとはWi-fi環境になくても端末が使用できます。また、この機種には広告なしプランはありません。
・特徴
解析度:300ppi
バックライトが付いている(暗いところでも読める)
防水機能が付いている

・感想
今回、私が購入した端末です。べらぼうに高い!ということもなく、様々な機能が付いていて、一番コスパがいいのかな?と思っております。バックライトが付いていますので、電気を消した後のベッドの中でも読めますし、お風呂やプールで読むことも出来ます(個人的にはプールでkindle読むのってどんな状況どよ!?って思ってしまいますが・・・)。後ほど詳しく使用した感想を記入していきたいと思います。

 

kindle oasis

・価格
8GB(広告つき):29,980円
8GB(広告なし):31,980円
32GB(広告つき):32,980円
32GB(広告なし):34,980円
32GB(広告なし・無料3G通信付き):22,980円
※無料3G通信付きとはWi-fi環境になくても端末が使用できます。また、この機種には広告なしプランはありません。
・特徴
明るさの自動調節機能あり
ページめくりボタン付き
画面サイズが7インチ(他機種より1インチ大きい)

・感想

正直、高いものはいいものだ!思考の私はこれが一番欲しかったです。でも、いかんせん高い!さすがに手が出なかった。というのが正直な感想です。
新しいkindle paperwhiteの機能と比べても画面サイズ以外はそんなに気になるものはないので、それで約倍の値段と思うとさすがに手が出ない方も多いのではないでしょうか?

kindle paperwhite商品内容

まず、Amazonから届いた時の状態がこちらです。

なんか、電化製品という感じがしないパッケージだな!というのが正直な感想でしょうか笑。

ちなみに保護シールのみは購入しました(カバーはお風呂でも使用するかもしれませんので購入しませんでした。)

裏面はこんな感じです(斜めになってすいません)。
正直かなり残念です。私は電化製品を開封するときはかなり綺麗に開封するほうなのですが、シールが剥がれず、切り取り線から開けるしかありませんでした。
高額商品なので、切り取り線はやめてほしかったですね。

開封した状態です。
・本体
・説明書
・充電コード
が入っております。
充電コードは一世代前のスマホ等で使われているtype「B」の充電コードです。

ちなみに保護シールは、

2枚入ってました♪
1枚目できれいに貼れましたが、2枚入っているとなんかとても得した気分です。

本体を見て、まず思ったことは小さい!ということです。
小さい!というよりかは「ちいさっ!!!」とつっこんでしまったくらいです。
左が所有しているXperia Z4 tabletです。比較すると半分くらいですね・・・。

使用した感想

まあ、小さいというのはさておき、問題は使い心地ですね!
kindleのメリットデメリットを記入していきたいと思います。

〇メリット
・軽い・・・最大の売りだと思うのですが、本当に軽いです。
・毎月1冊無料・・・数多くの本の中から毎月1冊に限り無料で購入(受領?)することができます。
・充電が長持ちする・・・充電が切れるまで使用したことはありませんが、私はよく実用本を読むのですが、1冊読み終わっても電池の使用は20%~30%といったところです。
・暗いところでも読める・・・多くの本は暗いところで読めませんが、kindle paperwhiteやoasisでは暗いところでも読むことが出来ます。
・お風呂で読める・・・私のスマホも防水ですが、落とすことが心配で手帳型のカバーをつけているのでお風呂では使用しません。一方、kindleは基本的に外で使用する予定はありませんので、カバーを付けていませんのでお風呂で遠慮なくしようすることが出来ます。

以上、メリットを説明したのですが、デメリットはないのか?と言われればデメリットも多くあると感じていますので紹介していきます。

〇デメリット
・検索しにくい・・・後々説明しますが、「kindle unlimited」というプランに加入すれば多数の本が読み放題になる訳ですが、非常に検索しにくいです。まず、ジャンルで絞り込むことが出来ず、新着順やランキング順での検索となります。私はライトノベルというのでしょうか?その類の読み物があまり好きではないにも関わらず、ランキングには入っているので、読みたい本を探すのに非常に時間がかかります。今は最初にスマホで読みたい本を検索して
・カラーではない・・・買ってから知ったのですが(自分のせいですが)、カラーではなく白黒です。普段、スマホやタブレットに慣れている私は少々慣れるまで時間がかかりました。

私が感じた不便はこのくらいでしょうか。

kindle unlimitedについて

kindle unlimitedとは、月々980円で多くの本が読めるようになるという非常にお得なサービスです。

正直私は本を持ち歩くのが面倒くさい。電子書籍の方が安い本もある。という理由でkindleの購入を決めたので、このサービスは非常にありがたかったです。

特に英語の勉強をしているのですが、英語の書籍もたくさんあり、普段英文法と英単語の本を持ち歩いていた私には目からうろこでした。

普段からノンフィクションや実用本、啓発本を読む機会が多い私にとっては、月980円というと本1冊の値段ですので、とてもお買い得と感じております。

本好きな方は強くご入会をおすすめします!

 

 総合評価

では、最後にkindle paperwhiteの総合評価をしたいと思います。

価格: kindle unlimitedのことも考えると大満足です。

製品: 最初は小さいと思いましたが、軽くですし、本としてはちょうどいいサイズではないかと考えております。

使いやすさ: 本を読む際に不便に感じたことはありませんが、検索を申し少し分かりやすくして頂きたいと願うばかりです。

見やすさ: カラーだともっといいんですが、充電の持ちを考えるとしょうがないですね。

充電の持ち: これは文句の付けようがありません。素晴らしい!

総合評価:

kindle paperwhite・・・買ってよかった~!と現在感じております。

毎日持ち運んでいた本の束から解放されて幸せな毎日を送っております♪

-便利グッズ

Copyright© 暇人経営者の1日 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.